当日の追加料金を発生させないために

見積もりよりも荷物が多い

 

依頼主に問題があって、荷物が見積もりよりも多く、トラックに積みきれない場合には追加料金が発生する場合があります。
訪問見積もりをせずに、自己申告だけで契約に至った場合に多発します。
これは、どうしても荷物を少なく言いたくなる心理状態が発生するためでしょう。
そのため、一括見積もりサイトに登録している業者でも、本契約には訪問見積もりを基本的には必須にしているところが多いです。

 

ちなみに、Webだけでの見積もりの引越しには、トラブル回避のために少し大きいトラックが手配されますので、金額としても高くなります。

 

 

また、依頼主のミスで多いのが屋外に置いてある荷物を数え忘れて見積もりに入れていない場合です。
来ているトラックに積めるようであれば、問題ではありませんが、往復せざるを得なかったり、追加のトラックを呼んだりする必要がある場合には、追加の料金が請求される場合があります。
バイクや自転車はもちろんのこと、ずっと使っていない納屋などの中身は忘れがちなので注意しましょう。

 

こういった点に対して、訪問見積もりの営業スタッフは漏れるポイントをよく知っていますので、正確な見積もりができますね。

 

また、訪問見積もり後の積みきれない要素として、見積もり後の引越し直前に荷物が増えたり、見積もりに入れていない不用品の処分ができずに持っていかざるを得ない場合があります。
そういった場合にはすぐに引越し会社に電話して、見積もり内容の確認をしましょう。

 

荷造りが終わらない

 

当日になっても荷造りが終わっていない場合、当日キャンセルで延期という選択肢もある一方で、引越し業者が梱包を手伝ってなんとか当日中に終わらせるという選択肢もあります。
梱包作業は有料のサービスなので、どちらにしても追加料金がかかってしまいます。

 

不用品を処分したい

 

荷作りを始めると、実は持って行く必要を感じないものが次々に見つかったりするものです。
引越しを機会に身軽になりたいと思う方は多いですね。
ただ大物家電の処分などは手間がかかります。
当日になって不用品として処分してもらうことにした場合には、オプションサービスとして追加料金がかかります。

 

このような予定外の料金がかかることのないように、引越し業者には正確な情報を伝え、計画的に準備を進めましょう。

追加料金が発生しないように気を付けること関連ページ

引越しの見積書が届いたらチェックするポイント
引越し業者が決まったら見積書が届くのですが、当日のトラブルを防ぐためにしっかりチェックしておきましょう。