退居時の敷金返還で損をしないためには

敷金とは

敷金とは、家賃の滞納や、原状回復にかかるお金を滞りなく回収するために預けるお金です。
預けてあるだけなので、退居時には原状回復にかかる費用を差し引いて返還されます。

 

原状回復とは、入居時に戻って、完全に同じように新品にするという意味ではありません。
通常の生活での汚れや傷に関しては費用は発生しないのです。
例えば、畳やフローリングの退色やカーペットのへこみ、電気ヤケなどはそのままでも敷金には関係しません。
無理に掃除をすることで変色が悪化したりしないようにしましょう。

 

敷金返還をプラスにする掃除

 

通常の生活で傷むことに関しては、借主の負担にはならないとはあるのですが、その範囲はあいまいですね。
そのため、ガイドラインが定められています。
掃除に関して気にしたいのは、通常の汚れは借主負担なしですが、汚れを放置しておいたために生じた傷に関しては費用が請求されるケースがあるということです。
例えばコンロ周りの油汚れなどは、毎回ふき取っていれば、きれいになりますが、放っておくことで焦げついた場合には通常使用ではないとも言えます。
そういった汚れに関しては、退居時に丁寧に掃除しておくことで、敷金返還で有利になる可能性があります。
コンロ周り以外には、水周りのアカやカビ、カーペットのシミなどが挙げられます。

 

また、壁の画鋲の跡は借主負担はなしとなっていますが、釘穴やねじ穴になるとその限りではありません。
壁の穴はパテ埋めしておいた方がいいでしょう。

 

引越し作業での傷

 

実は引越し作業での傷も借主の負担になります。
新しい家ですと、傷が付けばすぐに分かりますが、古い家ですとわかりにくく、退居時のトラブルになることがあります。
それを防ぐためには、引越し前に内装を確認し、気になる部分は写真を撮っておくのがよいですね。
引越し後に傷に気付いたらすぐに引越し業者に連絡して対応を求めましょう。

 

とにかく汚さない

 

日々の掃除が足りなければ、汚れが積もって通常使用と認められなくなり、敷金返還が減ってしまう可能性が増します。
直前になってあわてるのではなく、常にキレイにしておくことを心がけ、敷金返還の交渉を有利に進めましょう。

敷金を最大限に返還してもらうコツとは関連ページ

不用品の処分方法
引越しの荷作りを始めると、色々と処分すべき家具やゴミが出てきます。 最近は家具をゴミとして処分するのにもお金がかかりますので、考えて賢く処分しましょう。
部屋の掃除と補修のコツ
退去時には、敷金の問題もあり、できるだけきれいな状態で引き渡したいものです。 ピカピカに磨き上げることで敷金の返還が多くなるわけではありませんが、印象がよければ細かいケチが付かず全体として退去時の余計なトラブルは減るでしょう。