スケジュールの立て方

引越しはとにかくやる事が多いので、カレンダーに、作業を具体的に書き込んでいくとスムーズに進みます。

 

まず、引越し日を最初に決める時に、できれば1週間程度の幅を持たせておくことが大切です。
もちろん、特定の1日にしか引越せないのであれば仕方がないのですが、引越し日に幅を持たせることで、業者との交渉がうまくいくからです。
業者との交渉を進めながら、様々な事務手続きを並行して先に進めるようにするのが理想です。

 

順番を気にせず、とにかく終わらせること

 

以下の手続きは、引越し先と時期が決まったら、とにかくカレンダーの空いた時間に前倒しで計画を入れていきましょう。
業者が決まらなくても進められることがほとんどなのです。

 

・ネット接続環境の移転方法の確認
・転居先の下見、清掃
・賃貸契約の解約
・役所での転居手続きと、年金・保険などの変更
・子供の転校届
・引越先での挨拶の準備
・引越し挨拶状の準備

 

業者と交渉しながら引越し日を決める

引越せる日が一日しかない場合には関係ありませんが、引越し日のスケジュールに幅を持たせることは業者との交渉に有利です。
例えば業者の仕事が少ない平日に引越しが出来れば、安く済む場合がありますし、一日の中でも時間を決めないプランで安く済ませることもできます。

 

引越し業者と契約するまでの大まかな流れは、以下の通りです。

 

・Web一括見積もりにて複数業者に見積もりを依頼する
・気になる業者を絞り、訪問見積もりを依頼する
・訪問見積もりの結果を踏まえて、選択業者と契約する

 

この流れを踏まえると、一括見積もりから契約までには最低でも1週間程度のスケジュールを見積もる必要があります。
訪問見積もりを依頼せずに依頼するのは、トラブルになる可能性が高いのでお勧めできません。

 

引越し日が決まったら

引越し日が確定したら、順次終わらせていくだけです。

 

・ライフラインの住所変更
・ハウスクリーニングの見積もり依頼
・梱包資材の入手

 

そして、普段あまり使わないものから荷造りを始めます。

 

引越し日直前の数日間

荷造りも進み、不用品なども整理されてくると移転先のイメージも湧き、スムーズに引越しできそうな気がします。
しかし、意識しておかないと思わず時間をとってしまうことがいくつかあります。

 

・ゴミ処理の確認
・家具と荷物の配置図を作成
・手荷物として持っていく物を確認
・近所への挨拶

 

とにかく引越しは、細かい作業と手続きが多いです。
上記のようなスケジュールをきっちりと立てて、計画的に進めることで、トラブルがなくスムーズに引越しができるのです。