節約重視かお任せ楽チンか、どこまで依頼する?

最近の引越し業者は荷物を運ぶだけでなく様々な付帯のサービスがあります。
まず自分が何を重視するかをはっきりさせてから、引越し業者を探し、自分に合ったプランの選択をしましょう。

 

とにかく安く済ませたい場合

基本的な引越しの準備は、当日までにダンボール箱に荷物を全て詰めておきます。
当日は業者が、家が傷付かないように*養生し、ダンボール箱を運び出すと同時に、家具や大型家電に毛布を当て傷が付かないようにして運び出します。
*家具の運搬や塗装作業などの際に、運搬物や周囲の汚損を防ぐために布や板などで保護すること。

 

引越しを少しでも安く済ませる一番の方法は、引越しの期間を長く取り、自分で運べる物は、自分で運ぶことです。
近所のスーパーで段ボール箱を分けてもらい、入れられるものは全てそこに入れ、自家用車で時間があるときに運びましょう。
その上で、自分で運べない大きな家具などを引越し業者に頼めば、やや安くすることは可能です。
この時にちょっと気を付けたいのは、自分で運ぶ荷物は破損の恐れがないものにすることです。
破損する可能性があるものは引越し業者に依頼すると、万が一の事故が起きたときにも保証があるので安心です。

 

ただし、数人の家族の規模の引越しになると、自分で時間とガソリン代をかけて運んでも節約できる額はたかが知れています。

 

これが有効になるのは荷物の少ないひとり暮らしの場合でしょう、軽トラック1台に積み切れる荷物の引越しと、それをちょっとでも超えてしまう場合では5000円〜1万円程の差がでます。
3〜4万円程度の予算の引越しの中で、その違いは無視できませんね。

 

出来るだけお任せで楽に引越ししたい

お金に心配がないのであれば、荷造りに関して何も準備しなくても、そのまま新居での生活を始めることもできます。
特に大手の業者には、ダンボールへの荷造り、荷解きや掃除まで全て依頼するプランがあります。
それどころか、新居での家具や荷物の配置指示さえもしなくてよいサービスもあります。
デジカメで旧居を撮影して、それを参考にしながら新しい部屋でもレイアウトしてくれるのです。
つまり、朝食をいつものようにテーブルで食べて、引越しをして、新居でも同じテーブルでいつものようにその日の夕食をとることも出来るのです。

 

どこまで頼むか

一番安くて大変なのは、荷造り、荷解きを全て自分でやるどころか、出来る分は前もって自分で運ぶプラン。
一番高くて楽チンなのは、荷造り、荷解きどころか、細かな配置までお任せするプラン。

 

その中で、どれだけ自分で荷造りと荷解きをするかにかかってきます。
大手業者には部屋ごとに荷解きをしたり、食器等の手がかかるものだけの荷造りをしたりする見積もりを丁寧に取ってくれますので、訪問見積もり時に営業マンに相談するとよいでしょう。

 

節約?楽チン?引越し業者に依頼するときのプラン関連ページ

業者では運べないもの
引越し業者は家にあるもの全てを運んでくれるわけではありません。 法律上で拒否してよいものと、運ぶと違法になるものがあります。 また、扱いが難しいために専門の業者を通して運ぶものもあります。
引越し業者でトラブルを回避するコツ
引越し業者には運べないものがあります。そのため、引っ越し前にしっかり見積りをしておくことが大事です。見積りをしてトラブルを回避しましょう。