心づけを渡すときのポイント

引越しは安く済ませるに越したことはないので、心づけを渡す必要もないと思われる方も多いでしょう。

 

もちろん単身や小規模の引越しであれば、心づけ自体が大きな負担になりますので出される方は少ないです。
また、会社によっては、営業のスタッフが「チップは不要である」と説明している場合もあります。
しかし、額に汗して働く作業スタッフを目の前にして、ある程度の規模の引越しでは、平穏無事の作業を願って心づけを出す方は多いです。

 

心づけは何のために

 

まず、大前提として、心づけを出したからと言って、作業内容が具体的に変わることはありません。
しかし、繁忙期など作業スタッフの身も心も削られているところに心づけがあると、少し余裕ができて事故が減るのは事実です。
特に当日中に同じスタッフが積み込みと引越し先での荷降ろしをする場合には、依頼主とのコミュニケーションがスムーズだと引越し自体もスムーズに進みます。

 

 

やってはいけない渡し方

 

約半数の方が、作業が無事に終わったときに心づけを渡しています。
事故が無かったことへの感謝の気持ちとして渡していると思われますが、よりトラブルの少ない引越しのためには、あまり役に立っていないと言えます。
また、お金を渡すのが恥ずかしいのか、裏で黙ってリーダーに渡す方も半分以上いますが、これもまた意味のない行為です。 

 

 

効果的な渡し方

 

何を渡すにしろ、引越し直前に渡すのが大前提です。
このことで作業スタッフの集中力も高まり、安全で気持ちのよい引越しにつながるからです。

 

そして、リーダーに渡すのであれば、そのことが必ず全員に伝わるように渡します。
お金であれば、お札を裸で見せて封筒に入れ、「本日は、安全な作業をよろしくお願いします。」と具体的に言いながら渡します。
飲み物やお弁当を渡すときにも、「お茶とスポーツドリンクを用意しましたので、お好きな物をお選び下さい。」と具体的に伝えます。

 

心づけの内容

 

最も喜ばれ適切なのは、人数分の千円札を封筒に入れてリーダーに渡すことです。
一人一人に渡せれば一番心が伝わりますが、作業の時間を削ることになりますし、渡しそびれがでますので、リーダーに人数を確認した上でまとめて渡すのがよいでしょう。
基本的には作業スタッフのお昼は自前ですので、昼食代どころかちょっとおまけにもなる金額をもらえれば大変うれしいものです。

 

また、お金を渡すのに抵抗がある場合は、人数分の飲み物を準備してあげるのがよいでしょう。
基本的には、飲みたい物を聞くのがいいのですが、スタッフとしてはなかなか答えにくいものです。
具体的に、「お茶とスポーツドリンクはどちらがよいですか?」などと聞けば答えやすくなりますね。
先に準備しておくならば、暑い時期であれば500mlのペットボトルを、お茶とスポーツドリンク、炭酸系を選べるようにすると喜ばれます。
特に暑い時期には、一日に2L以上の水分を取る必要があり、スタッフにとっては昼食だけでなく飲み物の購入費だけでも馬鹿にならない金額になるのです。

 

また、寒い時期には温かい缶コーヒーなどが喜ばれますが、この時に移動時のトイレの事を考えてショート缶にすると間違いありません。