引越し祝いと餞別の注意点

「引っ越し祝い」とは、友人や知人、法人の事務所などが引越しをした際に、今後の繁栄を祈って贈るお祝いのことです。
ちょっとした引越しであれば気にすることはありませんが、人生の節目である結婚や新築などが絡むようであれば、その喜びを表したいですね。
そんな引越し祝いを頂いたときには、感謝の気持ちを伝えるのを欠かさないようにしましょう。

 

また、似たような贈り物に「餞別」がありますが、こちらは遠くへ旅立つ方への別れのしるし、そしてはなむけとして、引越し前に贈るものです。
仲のよい近所の方や、遠方への転勤や、転職をからめた引越しの際に職場の方々から贈ることが多いです。

 

 

引越し祝いを贈る時期

新築の場合のお祝いは、慌しい引越し日の直後は避け、半月以内に贈るのがよいでしょう。
引越し後に知らせを受けたのであれば、新居にお呼ばれした際の手土産などでもかまいません。
ただし、引越し後に会う機会がなかなか取れないようであれば早めに送るのがよいでしょう。

 

 

引越し祝いに贈ってはいけないもの、喜ばれるもの

家に関するお祝いですので、火を連想させるものはタブーです。
具体的には、キャンドルやライター、お香などです。

 

また、時計やマットなど新居で使う家具は、従来であれば一般的な贈り物でしたが、最近はあまり喜ばれていないようです。
こだわりが強い方に対して好みに合わない場合には、迷惑にもなってしまいますからね。
そういったものを贈る場合には、好みや欲しい物を直接聞いてしまう方が最近は主流になっています。

 

なんだかんだで「お金・商品券」は一番ありがたいものだとの声は多いですね。
それだと味気ないという場合には、洗剤やタオル等の生活必需品が間違いのない贈り物と言えるでしょう。

 

相場とお返し

引越し祝いの相場は、付き合いや引越しの重要度にもよりますが、金額の目安は1000〜5000円程度、親しい場合には3000〜1万円程度を目安にしましょう。
それ程大きな金額のお祝いではないので、職場の仲間やお友達同士でお金を出しあって、少しよいものを贈ることもよくあることです。

 

お祝いを頂いた方には、気持ちを込めて手紙を書くのが礼儀です。
お返しは、頂いた物の金額の1/3から半分くらいが基本です。
紅白の蝶結びの水引で、「内祝い」として贈ります。

 

ただし、新居のお披露目会としておもてなしをするのであれば、それがお返しとも言えますので物を返す必要はありません。
相応の食べ物や飲み物を振るまい、感謝の気持ちを伝えましょう。

 

餞別とお返し

餞別は引越し祝いと少し意味あいが違います。
引越しそのものではなく、その人との別れに当って今までの感謝とこれからの旅立ちを応援する意味で贈るものです。
ですので、引越し前に渡しましょう。
熨斗を付けるのであれば「お餞別」や「おはなむけ」の表書きで、蝶結びのご祝儀袋で包みます。
金額は引っ越し祝いに順じますが、お返しを必要とするお祝いではないので、相手が余り気にならない程度の金額にします。
また、職場の上司の転勤に従って、感謝の気持ちを贈るのであれば、「お餞別」ではなく「お礼」の表書きの方が、失礼になりません。

 

餞別を頂いた際にはお返しは必要ありません。
無事に引越しが済んだらお礼状を送るのがよいでしょう。
転居先の様子などを含め、新生活が順調に始まった事を伝えましょう。

 

 

引越し祝いや餞別をもらったとき・送るときのルール関連ページ

挨拶状の書き方
個人情報保護の問題により、誰にでも住所を知らせなくてはいけないとは言えない時代ですが、それでも必要な方には、挨拶状で引越した転居先をお知らせしましょう。 基本的には葉書でのご挨拶になりますが、メールでのお知らせも一般的になってきています。