旧居と新居の掃除と補修

目立つ汚れを重点的に

 

旧居には後日大家の責任でクリーニング業者が入るので、全てを完璧にやりたい方でなければ、目立つ場所と汚れが重なってしまったところを重点的に掃除をするのが正解です。
キッチンの油汚れや、浴室のこびりついたカビ、トイレや水周りの水垢や鏡のウロコ汚れなどです。
時間がかかることなので、これらは引越しが決まったら、前倒しでひとつひとつ丁寧に終わらせていきましょう。

 

壁の補修

 

部屋の普段の汚れは敷金返還に直接は影響しにくいですが、何かを掛けるために壁にあけたビス穴などはボードに穴が開いているような場合には直接影響します。
ホームセンターでパテと、補修用のクレヨンを買いましょう。
パテ埋めした後に丁寧に色を作って上に塗れば、全く跡が確認できなくなるほどに補修することができます。

 

引越し後の最後の掃除

 

全ての荷物が搬出された後、最後の段階で掃除をします。
その掃除に必要なバケツや雑巾、洗剤、掃除機は、そのまま最後の荷物としてトラックにつめるようにまとめておきます。
途中で積み込まれないように作業スタッフに確認を取っておきましょう。
搬出後に旧居に戻って掃除ができるのであれば、使い捨ての掃除道具を準備しておく手もあります。

 

新居の掃除

 

人手が多い引越しであれば、新居には家族の誰かが当日の朝に早めに行って掃除をするのもよいのですが、引越し当日は慌しくちょっとしたことでスケジュールがずれたりします。
結果として掃除ができずに搬入してしまわないように、前倒しで搬入前に一日時間をつくって掃除をしておきましょう。
また、貸家の場合にはその時に家に傷が付いていないかを確認し、気になるところがあれば写真に撮っておけば、次の引越しの際のトラブル防止になります。

部屋の掃除と補修のコツ関連ページ

不用品の処分方法
引越しの荷作りを始めると、色々と処分すべき家具やゴミが出てきます。 最近は家具をゴミとして処分するのにもお金がかかりますので、考えて賢く処分しましょう。
敷金を最大限に返還してもらうコツとは
退居時のメインイベントに、「敷金の返還」があります。 知識があるのとないのでは、還ってくる金額に差が出る場合がありますので確認しておきましょう。