不用品の処分法

ゴミとして捨てる

 

ソファーやテーブル等を粗大ゴミとして自治体のルールに従って捨てるのはかなりの手間です。
電話をして、スケジュールの合う時間に引き取りに来てもらったり、車で運ぶにも大きな家具は大変ですね。
そういった場合には、不用品回収業者に頼んでしまうのも手です。
自治体と比べるとフットワークがよい場合が多いです。

 

別業者を頼まずに、引越し業者にそのまま処分を依頼することもできます。
これは最も手軽なのですが、基本的にはやや高い値段設定になっていますので、できれば自分で専門の業者を探しましょう。

 

どちらにしてもお金がかかりますので、節約したければ生活ゴミとして捨てることにもチャレンジすべきです。
ドライバーやのこぎりなどを駆使し、ゴミ袋に入る大きさに細かく分解して、決められたゴミの日に出しましょう。

 

地元の人に譲る

 

役所やスーパーの掲示板、自治体の会報などで、譲る告知をかけると、直接引き取りに来られる距離の人にアプローチできます。
リサイクルショップで買い取ってもらえないような物でも、この様にして処分費用を節約しましょう。

 

売る

 

不用品を売るルートの最も手軽で一般的なのはリサイクルショップです。
量が多ければ自宅まで見積もりにも来てくれますので、時間もかかりません。
引き取り額は余り期待できませんが、少しでも引越し料金が浮くのは嬉しいですね。

 

手間をかけてでも、高く売りたければインターネットオークションに出すのがよいでしょう。
今まではヤフオクや楽天オークションが最も大きなサイトでしたが、最近はスマホアプリのオークションがあります。
これはスマホで撮影をして、そのまま情報を入れてオークションへの出品が終わるのでとても手軽に出品できます。
まだ新しいシステムですので、落札率に関しては未知数ですが、試して見る価値はあります。

 

 

処分に気を付けなくてはいけないもの

 

家電リサイクル法により、 『洗濯機・乾燥機』『冷蔵庫・冷凍庫』『エアコン』『テレビ』は粗大ゴミとして出すことができません。
購入した小売店や、買い替えの小売店に依頼してリサイクル料金を払って引き取ってもらいます。

 

また、パソコンやモニターもメーカーによる自主回収が義務付けられていますので、処分する時にはメーカーに連絡しましょう。

 

どうすればいい?不用品の賢い処分方法関連ページ

敷金を最大限に返還してもらうコツとは
退居時のメインイベントに、「敷金の返還」があります。 知識があるのとないのでは、還ってくる金額に差が出る場合がありますので確認しておきましょう。
部屋の掃除と補修のコツ
退去時には、敷金の問題もあり、できるだけきれいな状態で引き渡したいものです。 ピカピカに磨き上げることで敷金の返還が多くなるわけではありませんが、印象がよければ細かいケチが付かず全体として退去時の余計なトラブルは減るでしょう。