Webの一括見積もりから始めよう

どんな業界であっても、新規に何かを発注する際に、競合する会社がある場合には相見積もりをとって比較検討するのが一般的です。
一社と相談するだけですと、情報が限られるために、そこに頼むのが良いのか悪いのかの判断が付けられないためです。
また、値段やサービスの交渉に関しても、複数を検討してこそできる話というのもありますね。

 

引越しにおいても見積もりは複数社から取ることが必須です。

 

ウェブでの一括見積もりは現代の引越しには必須

 

依頼主側からすれば、仕事内容は一緒でも、業者側からすれば得意か不得意か、暇か忙しいか等の条件により大きく値段が変わってきます。
また、サービスやオプションの内容に関しても話をする事で初めて分かることも多いです。

 

昔は電話帳の引越し業者の項目を見て、一社一社に電話して訪問見積もり依頼をお願いするのが普通でした。
しかし、サービス内容も分からず業者に電話していた時代と違い、今ではWeb上で、複数の業者に見積もりを簡単に依頼できるようになりました。

 

また、一括見積もりサイトのメリットとして、プレゼントやキャンペーンに応募できたり、スケジュール管理ができたりと、サイトによっては様々な引越しを手助けするサービスを受けられることがあります。
そして、登録した引越し業者の間では競争が働きやすくなるので、よりよい価格とサービスを求めるのであれば、まずWebの一括見積もりを依頼しましょう。

 

一括見積もりから、訪問見積もりを依頼する業者を絞る

 

一括見積もりを依頼すると、数多くの業者からメールや電話があります。
依頼数が多いと交渉に時間が取られる上、どこと何を交渉して行けばいいのかつかみにくくなるため、数を絞ります。

 

慣れない引越しですと、どうしても名の知れた大手の業者を選んでしまいがちですが、大手だからよいとは限りません。
大手を選ぶ前に、削るポイントがいくつかあります。

 

まず論外なのは、見積書を送ってきて、「ご検討をお願いします。」とだけいう業者です。
忙しい時に、真っ先に見積書を送ってくれると、さっさと決めたくなるかもしれませんが我慢して下さい。
こういった業者は、トラブルが起こる事を当たり前として、それを織り込んで見積もりを立て、契約数を重視した仕事の進め方をしています。
トラブルを回避する意識のない社風の業者に、自分の大切な荷物を任せるのは賢明ではありません。

 

見積もり書に、「仮ですが…」と添えて送ってくる業者であれば、特に問題ありませんので残します。

 

せっかく出してくれた仮の見積もりですが、その数字自体にはあまり意味はありません。
ですが、余りにも他社と上にかけ離れた数字を出している業者はその後の確認と交渉に時間がかかるので外します。
下に大きく離れている場合には、真っ先にこちらから連絡し、その内容を確認します。
その会社の得意な部分とぴったり合いそうだから安いのであればよいのですが、多くの場合には訪問見積もりにつなげるための、雑な営業テクニックです。
電話口で、そのように感じた場合には、雑な社風である可能性が高いのでリストから外します。

 

次に、電話口やメールでの応対が常識外れだったり、違和感を覚える順に、候補から外しましょう。
引越し業界においては、営業マンのクオリティは、現場の引越しスタッフのクオリティと直結しています。
なぜなら、見積もりに必要な能力が、現場経験がないと手に入らないため、多くの会社では現場での能力の順に営業スタッフになるからです。
もちろん社内教育をしっかりして、現場経験が少なくても営業に周るケースはあるでしょう。
しかし、引越しの現場は千差万別で、マニュアルで全て対応できるものではないので、やはり現場をしっかりこなしたスタッフが営業をしている会社の方が間違いは少ないのです。

 

このように頼んではいけない業者を削った上で、まだ数が残っているのであれば、訪問見積もりを希望している順、仮の見積もりの金額の安い順というルールで最終的に2〜4社に絞ります。

ネットの一括見積りで最安値の引越しを記事一覧

最初の対応での注意点まず一括見積もり依頼を出すと、会社によって大きく3つの対応に分かれます。・暫定ですが…と添えつつ見積書を送ってくる・電話で詳細を確認してくる・金額を言わずに訪問見積もりをさせて欲しいと言ってくる交渉や連絡が面倒だという方にとっては、見積書を送ってくる業者が一番好ましく見えます。しかし、これは大きな間違いです。なぜなら、暫定の見積もり書は、比較検討材料としては何の役にも立たないか...

訪問見積もりに業者が来たがる理由は、トラブルを減らすためです。Web見積もりだけですと、依頼主の勘違いなどで荷物の量が正確には見積もれません。訪問見積もりでは、そのような正確な荷物量を査定するだけでなく、道幅などの周辺状況のチェックし引越し当日のトラブルを減らすことができるのです。それを聞かずに作られた見積書には、そういったトラブルに対処するためにちょっと大きめのトラックや大目のスタッフを含めます...