作業スタッフからみる、引越し上手な人

引越し上手は準備上手

誰でもスムーズにトラブルなしで引越しをしたいと思っていることでしょう。
そんな引越しのためには、どれだけ準備できているかが肝です。
実は、当日朝なのに、荷造りが済んでいないという依頼主はかなり存在します。
引越し業者の1日のスケジュールは決まっていますので、何が何でも終わらせるために、充分な梱包をせずに運び出すことになり、物損や紛失などのトラブルにつながります。

 

また、目の前にあふれるモノを端から箱にどんどん詰めてしまうと、ひと箱に複数の荷物が入ったりしますので、新居でどこに何を置くのかの指示ができません。
引越し先の部屋の使い方を決め、家具の配置を決め、そこに入れるものをきっちり決めてから箱詰めした方が、スムーズに進むのは言うまでもありません。

 

荷造りが済ませられていないというのは論外かと思われるかもしれませんが、ここで大切なのはスケジュール管理ができているかどうかです。
スケジュール管理ができている方は、荷造りだけでなく、他の様々な作業が適切にこなせているので、引越し日当日は余裕を持って作業スタッフへ指示ができたり、最後のチェックができるので気持ちよく引越しが進むのです。

 

そういった準備に重きを置いてスケジュールを組んでいきましょう。

作業スタッフの目線で準備する

 

どれだけ引越しスタッフに手間がかからないようにするかを考えて準備をすると、それはそのまま自分にとっても大きなメリットがあります。

 

例えば、スーパーでダンボールを手当たり次第に全て拾ってくるのではなく、ひと手間かけて、ダンボールの大きさを揃えて選ぶことで、トラックに積みやすく、容積も減ります。
容積が減ることで、積み切れないというトラブルが減り、当日の引越しにかかる時間が少なくてすみます。

 

重いものは小さな箱に入れ、軽いものは大きな箱に入れれば作業スタッフが運びやすくなります。

 

そして、そのダンボール箱に、運び込む部屋の名前を書くのはもちろんですが、一歩進んで2面に書いておけばどこから見ても把握でき、リーダーが振り分け指示がしやすくなります。

 

こういった心遣いは、全て引越しをスムーズにし、引越し時間を短縮し、事故の少ない引越しにつながるのです。

上手な引っ越しの方法とは記事一覧

ゴミとして捨てるソファーやテーブル等を粗大ゴミとして自治体のルールに従って捨てるのはかなりの手間です。電話をして、スケジュールの合う時間に引き取りに来てもらったり、車で運ぶにも大きな家具は大変ですね。そういった場合には、不用品回収業者に頼んでしまうのも手です。自治体と比べるとフットワークがよい場合が多いです。別業者を頼まずに、引越し業者にそのまま処分を依頼することもできます。これは最も手軽なのです...

敷金とは敷金とは、家賃の滞納や、原状回復にかかるお金を滞りなく回収するために預けるお金です。預けてあるだけなので、退居時には原状回復にかかる費用を差し引いて返還されます。原状回復とは、入居時に戻って、完全に同じように新品にするという意味ではありません。通常の生活での汚れや傷に関しては費用は発生しないのです。例えば、畳やフローリングの退色やカーペットのへこみ、電気ヤケなどはそのままでも敷金には関係し...

目立つ汚れを重点的に旧居には後日大家の責任でクリーニング業者が入るので、全てを完璧にやりたい方でなければ、目立つ場所と汚れが重なってしまったところを重点的に掃除をするのが正解です。キッチンの油汚れや、浴室のこびりついたカビ、トイレや水周りの水垢や鏡のウロコ汚れなどです。時間がかかることなので、これらは引越しが決まったら、前倒しでひとつひとつ丁寧に終わらせていきましょう。壁の補修部屋の普段の汚れは敷...