荷造りの基本手順とコツ

道具を揃える

 

必要な物を全て揃えてから始めると、手際よく進みます。

 

@段ボール箱
ダンボールは、たいていの場合は引越し業者に無料でもらうことができます。
もらえない場合はスーパーやコンビニでもらってきましょう。
この時に、大きさをできるだけ揃えると、後で整理がしやすくなります。

 

A新聞紙
緩衝材として大変役に立つのですが、最近は新聞を取らない家庭が増えていますね。
もしなければ、ご近所に引越しの挨拶ついでに相談してみましょう。

 

Bガムテープ
紙テープと、布テープのどちらも必要です。
ダンボールにふたをするのは安価な紙テープが適します。
布テープは跡が残らないので、引き出しや衣装ケースが動かないように留めたりするのに使います。

 

C太い油性ペン
箱に、引越し先で運び込む場所、内容を書き入れるのに使います。

 

Dカッター、はさみ
ダンボールを開いたり、荷紐を切ったりするのに必要です。

 

E掃除道具

 

最初に引越し先の部屋のレイアウトを決める

 

何をどこに運び入れるか決められるように、まずは引越し先の部屋の使い方をはっきりさせておきましょう。
こうしておかないと、別々の部屋の物が一つの箱に入ってしまう可能性があります。
見取り図にまでしておくと、引越し業者への家具の運び入れの説明も間違いがありません。

 

使わないものから片付ける

 

時間がある内に、使わないものからどんどん詰めていきましょう。
本、あまり使わない食器、季節はずれの洋服などは真っ先に箱詰めできます。
例えば食器は、日常使いのもの以外は、詰めてしまいましょう。
そうした上で残っている生活に最低限必要なものを出発直前にまとめて箱詰めすると、引越し先でもその箱さえ開ければ生活がすぐに始められます。

 

ダンボールの使い方

 

まず必要なダンボールの底を先に組み立てます。
順番に折り込んで互い違いにさせるだけですと、底が抜けてしまいます。
短いふたを先に閉め、長いふたを重ねたら、ガムテープで閉じるのが、正しい底の留め方です。
この時に必ず側面にかけてガムテープを貼ります。
そして、その上から十字にガムテープで補強します。
本などの重いものは、十字よりも更に丈夫なHの形に留めましょう。

 

重い物は小さなダンボールへ、軽い物は大きなダンボールに入れましょう。
ふたをしたら、ガムテープで留めますが、底と同じように長辺が突合う部分を側面にかかる長さで一本留めます。
ふたの突合せに交差するように留めると、箱がゆがみやすくなります。

 

詰め終わったら、油性ペンで、「運び込む部屋」「何が入っているか」を、どこからでも見えるように、向い合わせの側面の両側に書き入れます。