訪問見積もりで防ぐ引越しトラブル

最近の引越しは、Web上で数社まとめて見積もりが取れ、金額も簡単に比較できるようになりました。
確かに簡単なのですが、実際はWeb上のやり取りだけでは認識がずれる事が多く、トラブルが起きる原因にもなっています。
そのため、一括見積もりと言えども、特に大手業者は簡単には見積もりを送ってこなくなりました。
むしろ電話をかけてきて、丁寧に状況の確認を取り、訪問見積もりを促すようになっています。

 

逆に言えば、一括見積もりの時点ですぐに見積書を送ってきて、それで一気に契約までさせようとする業者は、信頼に欠けるとも言えます。
なぜなら、素人の依頼者が想像して提示した引越し内容はどうしても足りない部分が出てくるので、多かれ少なかれトラブルが起きるからです。
荷物がトラックに積みきれないというのが、最も起きやすいトラブルです。

 

一気に契約を促す業者は、トラブルが起きる事が分かった上で、それを軽視してなんとか契約数を取ろうとします。
そして当日に起きたトラブルは、現場でなんとか解決するようにする方針なのです。
積みきれなければ、深夜までかけてでもピストン輸送で運びます。
その際にかかった費用は、依頼主の見積もりが間違っていたとして請求されます。
もしも適切に見積もりがなされていれば、大きなトラックで1回分の金額で済んだはずが、2回分の引越し料金がかかってしまうという事態になるのです。

 

訪問見積もりの重要性

運搬時の物損事故を除けば、引越しトラブルのほとんどは、訪問見積もりで予防できます。

 

営業スタッフが訪問時にまず見るのは、当然ながら荷物量の確認です。
WEB見積もり時に依頼者が見落としている荷物や、どれだけの箱が必要かをチェックします。
また、法律上運べない物があるかどうかも確認します。
当日になって予定していたトラックに積み切れなかったり、運べずに残していくようなトラブルはこうして避けられます。

 

営業スタッフが見るのは、見積もり額に関係する荷物量だけではありません。
玄関や通路の幅もチェックします。
なぜなら、造り付けの家具や組み立て家具などが、大きすぎて運び出せない場合があるからです。
その場合には、分解し、新居で組み立てたりしなければならず、工具の確認や別料金の検討などが必要になります。

 

家具が玄関を通るのをチェックするのと同様に、家の周囲にトラックが入れるかどうかもチェックします。
当日にトラックが近くまで入って来れないとなると、引越しの時間が延びるためにトラブルの種となります。
また、これらの内容は見積もり額にも影響します。
例えば道が狭い場合に大型トラックを1台にするか、小型を2台にするかという点を営業スタッフは検討するのです。

 

このような点も含めて、訪問見積もりをしない場合は、見積もりに足りない点がある可能性が高い事を覚悟しなくてはなりません。

 

それでも起きるトラブル

訪問見積もりをしたのに、荷物がトラックに積み切れないというトラブルは起きないわけではありません。
これは、営業スタッフの見積もりミスです。

 

積みきれない場合には、別のトラックが回されたり、同じトラックでピストン輸送することになりますが、大幅に予定が変わります。
特に繁忙期には廻せるトラックも少ないため、引越しが深夜を過ぎてご近所の方に迷惑をかけての入居という例もあります。

 

残念ですが、この見積もりミスのトラブルを直接回避することは出来ません。
営業スタッフの受け答えを良く見て、見積もりの裏づけがあるかどうかを判断し、業者を選ぶしか無いのです。

引越し業者でトラブルを回避するコツ記事一覧

繁忙期を避けてトラブルを減らす特に繁忙期に関しては、人手が足りなくなるため、引越しスタッフの半分以上がバイトになります。バイトに関しての教育は、研修が社内であったとしても、基本的には現場で仕事をしながら教えていくことになります。つまり、作業スタッフの半分以上が新人の現場もありうるということなのです。これを避けるためには、まず繁忙期を避けること。繁忙期の引越しにはよいことはなにもありません。スタッフ...

熟練スタッフの多い引越しでも、物損事故がゼロになることはありません。そのため、引越し作業中や運送中に家財・家屋に損害を与えた場合には、依頼主に対して損害を賠償する責任があると法律で定められています。そして、その賠償のために、多くの引越し会社は保険に加入しています。物損事故は当日にチェック会社としては補償に関しては保険に入っていますので、事故時のトラブルはスムーズに済むと思うかもしれません。しかし、...