引越し前後の挨拶

引越しが決まったらとにかく早めを心がける

引越しは大変作業が多く、当日が近づくに従って想像以上に慌しくなります。
挨拶は早めにするに越したことはありません。引越しが決まった時点で直接会って挨拶をするのが基本ですが、様々なケースがありますので臨機応変に対応しましょう。

 

 

転居先での挨拶まわりの際の手土産や引越しの挨拶状も、引越し後に準備を始めると後まわしになりがちで、時期を逸することがあります。
そういった準備は、引越し前に全て終わらせておくことが大切です。

 

引越し前の挨拶

今までお世話になった方とのお別れで、一人一人に会うのは対応し切れない場合は、送別会を活用するのがよいですね。
そんなに仰々しいものではなく、友達グループでのランチを共にする機会を設ければ、時間がなくても多くの人と挨拶することができます。

 

もちろんどうしても会うことができない場合には、電話やメールでも大丈夫です。
その場合には、「本来ならば直接お伺いするべきですが…」という気持ちと言葉を忘れないようにしましょう。

 

また、近所の方への挨拶は、数日前には終わらせます。
引越し当日には、車の出入りなどで迷惑がかかるので、その旨を伝えるためです。

 

引越し後のご近所への挨拶

ご近所への挨拶は、以前でしたら「向こう3軒両隣」と言われていました。
一戸建てであれば、両隣と道を挟んだ向いの3軒、そして裏のお宅にはご挨拶をしましょう。
マンションであれば左右の2軒と真上と真下には迷惑をかける可能性があるので、挨拶をします。
そして、大家さんはもちろんですが、管理人さんへも挨拶も忘れないようにしましょう。
これからご近所としてお付き合いが深くなる可能性がありますので、最初に自己紹介と挨拶をすることで、その後のトラブルを減らしスムーズに生活を始めやすくなります。
ご近所づきあいを嫌う世の中になっている事は否めませんが、むしろ自分から飛び込んでいくことでその後の様々なトラブルを防げることも間違いはないのです。

 

新居でのご挨拶には何を持って行くか

新居での一般的なイメージのご挨拶にはタオルがありますね。
しかし、好みが関係したり、家庭によってはもらい過ぎで余ることも多いため、やはり消耗品がよいのではないでしょうか。
引越し蕎麦やお菓子などは贈る機会が多そうですが、好みやアレルギーの問題、そして消費期限があることを考えると、洗剤や入浴剤などが間違いないと言えます。
また、最近の傾向として、どんな生活スタイルであろうとも間違いなく各家庭で使う「地域のゴミ袋」も人気のようです。

 

変わりゆく新居での挨拶

さて、現在でも上記の挨拶の基本は変わりませんが、特に都市部ではその常識に囚われる必要がなくなってきました。
最も気を付けなければいけないのが、女性のひとり暮らしの場合で、その状況を外部に知られることは、デメリットの方が多い地域もあるでしょう。
当然ですが、逆に周りとコミュニケーションを取ることで防犯や安全につながる地域もありますので、一概には言えません。

 

引越し先と自分の状況に応じて対応していく必要があります。

 

 

 

引越しが決まったら周囲に挨拶をしよう記事一覧

挨拶状を出す時期引越し後の一ヶ月以内に出しますが、準備は引越し前から始めます。引越し直後はとても慌しく、どうしても後まわしにして遅れがちだからです。遅れるのを防ぐために、引越し前には全ての準備を整えて、引越しが終わったらそのまま投函できるように手配しておくことが大切です。また、12月や初夏に引っ越す場合には、年賀状や暑中見舞いと引越しの挨拶を兼ねてしまうことも可能です。挨拶状の内容手紙の形式に添っ...

「引っ越し祝い」とは、友人や知人、法人の事務所などが引越しをした際に、今後の繁栄を祈って贈るお祝いのことです。ちょっとした引越しであれば気にすることはありませんが、人生の節目である結婚や新築などが絡むようであれば、その喜びを表したいですね。そんな引越し祝いを頂いたときには、感謝の気持ちを伝えるのを欠かさないようにしましょう。また、似たような贈り物に「餞別」がありますが、こちらは遠くへ旅立つ方への別...