まず確認したい引越しの流れ

引越しをするとなると、まずイメージされるのが荷物を詰めて…ですが、
その前に荷物を整理することはもちろん、引越し業者の選定やそのサービスを検討しながらでないとスムーズにはいきません。

 

また、実際には生活の整理や挨拶などにかかる労力も大きいのです。
見落としがちな手続きや作業も多く、特に遠方に引っ越した際に抜けがあると、
引越し元に戻ることは大変な苦労になります。

 

引越しは仕事と一緒で、必要な事を整理し、計画を周到に整えることで、無駄なく進みます。

 

逆に、計画を立てないで目の前にあることだけを見て進行すると、時間もお金も大幅にかかることにもなりかねません。
引越しは、荷物の移動と捉えずに、ひとつのプロジェクトとして、進行表やToDoリストを作った上で計画的に進めることが肝心です。

 

 

引越しのおおまかな流れ

引越しプロジェクトには大まかに3つの項目があります

 

1.事務手続きと挨拶(ライフライン、役所手続き、近所への挨拶など)
2.引越し業者との交渉
3.荷物の準備と、荷解き

 

 

1.事務手続きと挨拶

 

なにはともあれ、引越し元の役所では、転出届を出し、引越し先で転入届を出して住民登録をします。
役所でする手続きには、他に印鑑登録、国民健康保険、国民年金やその他の手当ての住所変更があります。
また、運転免許証の記載事項の変更手続きは、引越し先の警察署などで行いますが、車を持っている場合には、新しい管轄の 陸運局・軽自動車検査協会で新しい車庫証明と共に、住所の変更を行う必要があります。

 

役所の手続きが終われば、次に、郵便、保険、銀行、クレジットカードなどの住所変更です。

 

それから、ライフラインの整理をします。
電気、ガス、水道、電話、インターネットといったライフラインの手続きは、ほとんどの家庭で必要です。
忘れがちなのは、NHK、新聞、牛乳や宅配での定期購入などで、時間に余裕のある1ヶ月前には手続きをしておきましょう。

 

引越し元での挨拶はもちろんですが、引越し先での新しいご近所さんへの挨拶と、今までのお付き合いの方への連絡も、早めに準備しておくにこしたことはありません。

 

 

2.引越し業者との交渉

 

引越し内容を整理したうえで、様々な引越し業者から1社を選び、適切なプランを決めなければいけません。
この時に、役に立つのがWebでの一括見積もりです。
まずは、一括見積もりサイトを見て、具体的に入力を進めてみましょう。すると、荷物の分量や引越しのイメージがわき、また必要なサービスなども見えてきます。

 

最終的に一括見積もりを依頼する前に、サイトで入力をしてみることをお勧めします。
そして、引越しの内容が具体的になったら、一括見積もりで仮見積もりをとり、気になる業者をいくつかピックアップした上で、訪問見積もりを依頼し最終的な業者を決めましょう。

 

 

3.荷物の準備と荷解き

 

これが、最も手際のよさを必要とする作業です。
あせって手当たり次第箱詰めしていくと、引越し後の荷解きに大変苦労します

 

箱詰めに時間をかけるのではなく、計画と物の整理に時間をかけると思っておくと作業に間違いがありません。

 

 

【準備、見積りetc・・・】引越しの流れを把握しよう記事一覧

引越しはとにかくやる事が多いので、カレンダーに、作業を具体的に書き込んでいくとスムーズに進みます。まず、引越し日を最初に決める時に、できれば1週間程度の幅を持たせておくことが大切です。もちろん、特定の1日にしか引越せないのであれば仕方がないのですが、引越し日に幅を持たせることで、業者との交渉がうまくいくからです。業者との交渉を進めながら、様々な事務手続きを並行して先に進めるようにするのが理想です。...